サイト運営者:さいとう

プロフィール:幼児教室の情報をまとめたサイトを運営しています。そこに来る検索ワードに「発達障害」がけっこうありましたので、このサイトを別に立ち上げ、発達障害の子が通える幼児教室の情報を調べてまとめました。

発達障害 幼児教育

発達障害 スクール

発達障害の幼児を幼児教室に
通わせてあげるとこんなメリットがある
と言われています。

  • 早いうちから同年代の子との関わり方を学べるので他の子とうまく接する事ができるようになる
     
  • 幼児教室の中で同世代の友達の行動をみて物事のやり方を学べる
  • 集中力が身に付く。また、先生のレッスンのやり方をみて「子どもの集中のさせ方」を親が学ぶことができる
     
  • 幼児教室では体操や数数え、ダンスなど色々なレッスンがあるのでその中から特に得意な分野が見つかるかもしれない。(数学センス、音楽センス、身体能力の高さなど)

 

発達障害の子はそのぶん何か一つの事に
秀でているというのもよくある話です。

もし何か得意な事を見つけられて
それを伸ばしてあげれば、
その子にとっての自信にも繋がるはず!

では発達障害の幼児もOKな
幼児教室はどこなのか?を
調べてみたところ、以下の幼児教室が
店舗によっては受け入れOKでした。

幼児教室 発達障害

TOEベビーパーク 発達障害

 

>>詳細・体験教室申し込みはこちら<<

幼児教室の入会金:14,000円
幼児教室の月謝:14,000円~
対象年齢:0歳~3歳の幼児
全国に教室があります。

2年以上通った幼児の平均IQ150(普通は100)と、子供のIQを大きくのばす幼児教育をしています。

またベビーパークでは親に「叱らない幼児育児」「教えこまない教え方」を教えてくれるのが特徴です。

 

幼児育児のギモンや悩みを相談できる時間があり
「幼児育児の不安が解消できた」
育児ストレスがだいぶ減った
といった口コミも多いです

 

叱らない育児方により、子どもは自分の強みをグングン伸ばすことができます

 

このサイトから体験体験教室を申し込むと
8640円無料に。
さらにその後入室する場合は
入室料50%OFFになります。

 

無料体験レッスン申し込みはこちら

※公式サイトへ移動します

 

TOEキッズアカデミー 発達障害

 

>>詳細・体験教室申し込みはこちら<<

幼児教室入会金:10,000円
幼児教室の月謝:14,500円
年間教材費:36,000円(分割支払い可)
対象年齢:3歳の幼児 ~8歳

 

全国に教室があります。最初に紹介したベビーパークは3歳まで。3歳からはこちらのキッズアカデミーという名前になります。

教室の場所はベビーパークと同じですがキッズアカデミーは親子分離になります。

 

「考える力」を育む3~8歳専門の知能向上教室で、楽しく遊ばせるようにレッスンをしながら思考と記憶を集中強化します。2年間通った子のIQが20点以上アップしたという実績があります。

 

「子供がじっと集中していられるようになった!」「レッスンを見てうちの子ってこんな集中力があったの!?と驚いた」と言った口コミが多いので集中力が足りない子にもおすすめできそう。

また、先生の「子どもの集中のさせかた」から親も学ぶ事が多い幼児教室だと思います。

 

今なら無料で体験教室を受けられます。

 

無料体験レッスン申し込みはこちら

※公式サイトへ移動します

 

どんちゃか幼児教室 発達障害

>>詳細・体験教室申し込みはこちら<<

幼児教室の入会金:25,000円
幼児教室の月謝:8,000円~
その必要な費用:教材費
対象年齢:生後6ヶ月~

神奈川、千葉、東京に合計11店舗、神戸市に1店舗あります。

創業40年以上の歴史と実績がある幼児教室。口コミで人があつまると評判です。

レッスンは先生2人体制。うち1人は10年以上のベテランの先生がつくので発達障害の子供への対応もなれている先生が多いはず。

 

受験のためのスクールではないにもかかわらず、難関小学校受験にもトップクラスの進学率を誇るなど、対応力の幅も広さも特徴です。

 

無料体験教室&資料請求ができます。

 

申し込みは方法はスマホの場合サイト上部の「体験授業申し込み」から。
(資料請求だけしたい場合はサイト上部の「お問い合わせ」から。)

 

PCの場合はサイト右上の「公開授業・体験入学のご案内」をクリック。一番下までスクロールすると資料請求&無料体験申し込みのボタンがあります。

 

無料体験レッスン&資料請求はこちら

※公式サイトへ移動します

 

発達障害 幼児 種類

発達障害の種類について
発達障害には主に以下のような種類があります。

発達障害の種類その1:小児自閉症
発達障害の種類その2:アスペルガー症候群
発達障害の種類その3:LD(学習障害)
発達障害の種類その4:注意欠陥多動性障害
発達障害の種類その5:トゥレット症候群

発達障害 幼児 特徴

幼児期に見られる発達障害の幼児の特徴は
以下のとおりです

 

発達障害の特徴その1:
視線を合わせようとしない。

発達障害の特徴その2:
触れられるのを嫌がる

発達障害の特徴その3:
抱っこをすると後ろにのけぞる

発達障害の特徴その4:
まったく人見知りをしない

 

発達障害の特徴その5:
言葉の発語がうまくできない
言語の発達が遅い

発達障害の特徴その6:
独りでよく遊ぶ

発達障害の特徴その7:
決まったものしか食べない

 

発達障害の特徴その8:
なにかに執着する
(特定のおもちゃや本でずっと遊ぶ・何かをずっと見てるなど)

 

発達障害の特徴その9:
幼児は何かを伝えようとするときに指差しすることが多いが、それがない(指差しをしない)

 

発達障害の特徴その10:
じっとしていられず動き続ける(3歳の幼児~)

 

発達障害の特徴その11:チック症状がある
(体の一部の速い動きや発声を繰返す)

 

※普通の子供も時期により発達障害ではなくとも上記の行動をすることはあるそうです。

発達障害 幼児教室申込みの流れ

発達障害 幼児教室申し込み

体験レッスン申し込みから
入会までの主な流れです
 

体験レッスンに申し込む

子どもを見てもらって受け入れOKか聞く
(と同時に、こちらも子どもが楽しく通えそうな教室か?をチェック)

レッスン日程、費用詳細を教えてもらう
(今だけのお得なキャンペーン的なのを
やっていて思ったより安く済むこともあるようです)

納得できたタイミングで申し込み


体験教室を申し込むときは
備考欄にどんな発達障害の子供か?
を書いたほうがベター
だと思います。

そうすれば、向こうもそれに応じて
必要な準備をしてくれるはずです^_^

早めの行動がおすすめ

幼児教室には定員があります。

なので早い者順に枠が埋まっていきます。
駅チカなど立地のいい幼児教室は
早いうちに定員いっぱいになることも
よくあります。

そのため幼児教室の申込みは
早めが有利なのでおすすめです。

→幼児教室紹介のところへ戻る方はこちらをクリック!


【ファムズベビー】

​ 母子健康手帳副読本に広告掲載されてるベビースキンケア

 

Z会 幼児コース 


こどもちゃれんじ


NOCO

 

© 2018 発達障害 幼児教室 rss